IRポリシー

当社は、株主、投資家、証券アナリストなど市場関係者の皆さまへ企業価値評価に関する情報を適時・正確・公平に提供することを経営の重要課題と認識しており、経営戦略や財務状況の情報開示の充実により、市場関係者の皆さまからの信頼と適切な評価を獲得できるよう努力します。

IR活動の基本姿勢

  • 「迅速性」「正確性」「公平性」「継続性」を原則とし、企業価値評価に必要な情報を「わかりやすく」開示します。
  • 株主、投資家、証券アナリストなど市場関係者の皆さまとの信頼関係を構築するため、誠実かつ積極的に対応します。
  • トップ・マネジメントを筆頭に、グループ一体で取組むIR活動を推進します。

株主との対話に関する方針

  • 当社は、株主への情報開示に努め、株主との建設的な対話を通じて企業価値を高めます。
  • 株主からの対話(面談)の申し込みに対しては、株主の意向を踏まえたうえで、合理的な範囲で、IR担当役員が対応します。
  • IR担当役員は、株主の関心を踏まえた情報が必要に応じて提供できるよう、IR担当部門を中心に社内関係部門と連携します。
  • IR担当役員は、決算説明会、会社説明会などのIR活動を個別面談以外の株主との対話の手段とし、これらIR活動を積極的に実施すると共に、その充実を図ります。
  • IR担当役員は、株主との対話によって把握された株主の意見・懸念・関心・要望等について、取締役会に適宜フィードバックを行い、経営に反映させます。
  • IR担当役員は、社内規則(「インサイダー取引防止規程」)に従い、情報管理責任者と連携し、未公表の重要な内部情報(インサイダー情報)を適切に管理します。

IR情報の開示方法

  • 有価証券上場規程に基づく適時開示については、東京証券取引所の「適時開示情報伝達システム(Timely Disclosure network:TDnet)」を通じて開示し、速やかに当社ホームページに掲載します。
  • 適時開示に該当しない情報についても、当社ホームページに掲載するなど、公平な情報開示に努めます。

IRの沈黙期間

当社では、各決算期末から決算発表までを「IR沈黙期間」としており、当該決算情報に関してコメントすることやご質問にお応えする事を控えさせていただきます。

株主・投資家情報

  • 株主・投資家の皆様へ
  • 成長のためのビジネスモデル
  • IRメール
  • アナリスト社長対談動画
  • 株主優待

株価情報

Yahoo!ファイナンスへ

直近の決算資料

IRライブラリへ

今後のIRスケジュール

2017年8月10日

2018年3月期 第1四半期決算発表

IRスケジュール一覧へ

ページの先頭へ