SDGs

当社グループのSDGsへの取り組み

上場企業の社会的責任として投資家からも注目されるSDGsについては、コロナ禍の今、当社グループとして持続可能な社会にどのような貢献が可能かを具体的に考え、行動に移す時が来たと認識しております。今後は、グループ全社的に連携したプロジェクトとして、持続可能性を高める経営を目指してまいります。

非常用電源としてのEV等の提供

災害時のボランティアセンター4か所に対し、給電用のリーフ6台、V2L4台を提供しました。

長野地域9市町村との連携協定の締結

EVの普及を通じて、環境負荷低減の取り組みと災害時に電力供給をし、インフラ復旧までの安全確保に協力すること等を目的とする、「電気自動車を活用した脱炭素社会の実現と災害対応力強化に係る連携協定」を締結しました。

フロンガスの回収と適正処理

車のエアコンに使用されているフロンガスは、再生・再充填が行えるよう専用の回収機で適切に回収し、大気に放出させないよう配慮しています。

整備工場排水の管理・油水分離槽による油の流出防止

整備工場では、排水を「油水分離槽」を通すことで油の特性を利用して油を浮かし、施設外(下水等)に油を排出しないようにしています。また油水分離槽に溜まった汚泥の処理や排水の水質検査は定期的に実施しています。

家族みんなが、ずっと、気持ちよく、安心して暮らせるマンションづくり

安全で住みやすい住宅となるよう、さまざまな住宅設備を採用しています。
・電動アシスト付き自転車をシェアサイクルとして設置
・マンション屋上へ充電パネルを敷設し、共用部の電気として利用
・EV車対応の充電システムの備え付け
・高強度(100年)コンクリート利用による建物の耐久性向上

新型コロナウイルス感染者搬送車両の寄贈

長野県からの要請に基づき、感染防止策を施した車両を提供し、活用いただいております。
(写真:新型コロナウイルス感染症息者搬送車両贈呈式)

名古屋大学基金への寄附

当社が本社を置く愛知県を代表する名古屋大学のますますの発展と、新型コロナウイルス感染症により、例年に無い厳しい就学環境を強いられている学生たちを少しでも支援し、学ぶ機会の拡大に貢献したいとの想いから、寄附いたしました。

地元大学・高校との産学連携プロジェクト

大垣商業高校と中京大学の経営学部のゼミと「未来の自動車ディーラーを考える」というテーマで、それぞれ連携授業を実施しました。

技能実習生の受け入れ

自動車整備士として、ベトナムからの技能実習生を4名受け入れ、技術指導等を行っています。

WEB会議システムの活用

会議や面談などについては積極的にWEB会議を活用し、CO2排出量削減に貢献しています。

交通安全に対する取り組み

社用車にドライブレコーダーを装備し安全運転への意識向上に努めています。

企業情報

  • 株主・投資家の皆様へ
  • SDGSへの取り組み
  • 成長のためのビジネスモデル
  • IRメール
  • アナリスト社長対談動画
  • 株主優待

株価情報

Yahoo!ファイナンスへ

直近の決算資料

IRライブラリへ

今後のIRスケジュール

2021年6月29日

第39期定時株主総会

IRスケジュール一覧へ

ページの先頭へ